第二新卒者と求人

新卒後一旦は就職したものの、何らかの事情で2~3年という比較的早期に転職を考え、転職の求人を探す人たちのことを第二新卒者と言います。求人を募集する企業側にとっては新卒者や中途採用者とは違った扱いになることから、こういう呼び名がつきました。新卒後、自分が思っていた企業に勤めることができなかったり、自分が思っていた会社に勤めることはできたものの、しばらく働いているうちに実際自分が思っていた仕事とは違うと感じたり、長く勤める気でいたのに企業側が早い段階で経営不振に陥ってしまったりなど、人によってさまざまな事情があるようです。
採用する会社側から見れば、第二新卒者は即戦力とは見ていないようです。新卒で仕事をしてからの職歴が浅いため、戦力になるかどうかの判別がつかないからです。しかし、その会社の新卒で就職したのに早期に離職してしまった欠員の代替としての役割を果たすことが多いです。採用の基準としては、新卒ではないため中途採用者と扱いは同じになりますが、中途採用者との違いは前の職業の勤務歴の違いです。一般に、長く会社勤めをするとその会社の経営方針や仕事内容が体に残っていて、なかなか新しい仕事に慣れるまでに時間がかかります。しかし、第二新卒者の場合は早期で仕事をやめてしまっているので、前の会社の流れの影響を受けておらず自分たちの会社の文化を植えつけやすいという利点があります。
また、新卒者とは違い前の職場で社会人としての必要なことは学んできているので、そういった研修期間が不要という利点もあります。しかし、第二新卒者は早期で離職していることから忍耐力が欠如している、精神面で未熟であるというイメージを持っている企業もあるようです。第二新卒者の求人面接で、ほとんどの人たちが「前の職場を離職した原因」について聞かれますが、それはそういったイメージが強いからにほかなりません。第二新卒者が求人を探す場合には、新卒同様の能力のほかに精神的な強さも求められることを覚えて起きましょう。

Write a comment: